キムチがネバネバする原因

工場長日記

一部の人に大変好評な専門的な話・・・(笑)

最近、全然紹介できてなかったのですが

お客様より珍しいお問合せがあったので

紹介させていただきます。

興味の無い人には、つまらん話なんですが

たまにしかしない話なんで許してください

先日(といっても数か月前)、お客様より

「キムチが糸をひくようにネバネバしてるけど大丈夫?」という

お申し出をいただきました。

そんなん聞いたことなかったのですが

回収した商品を見てビックリ

ほんまに糸ひくくらいネバネバしてました

ただ、臭いも色も腐敗している感じではなかったので

原因を調べるために検査機関に菌検査を依頼しました。

で、その結果更にビックリしました

原因は乳酸菌(リューコノストック属)の増加

乳酸菌でも色んな種類があって

リューコノストック属と呼ばれる乳酸菌の一種が増えると

納豆のような粘りを出すらしいです

このリューコノストック属の乳酸菌は漬物で増殖しやすく

キムチではあまり見られないのですが

漬物を作った設備・器具の洗浄が十分できていない状態で

キムチを製造すると増殖しやすくなるみたいです

今回の商品を作った九州の協力工場も

漬物を作っているので、今回のお申し出の原因になったと思われます。

決して食べて害があるものでは無いのですが

見た目が良くないでしょうから

改善策として、器具の洗浄などの徹底をお願いしました。

教えていただいたお客様にはほんまに感謝です

皆さんもキムチに限らず、購入した商品が

いつもと変わった状態なら、商品の改善に活かされますので

是非メーカーに伝えてあげてください。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧