独特の旨みがやみつきに♪明太子チャンジャの紹介です。

工場長日記

ここ数年取り組んできた「ゴールデンウィークは黄さんのキムチを食べよう!」企画が今年は恐ろしい数量になってます。
当社は韓国食ブームなんて関係ないわ~と思っていましたが、もしかして影響されてます?!
ブームは去るものなので乗りたくないですが、乗ってしまった以上定着するように全力を尽くします♪

今日は前から詳しく書きたかった明太子チャンジャの紹介です(^^♪

明太子チャンジャとは・・・

スケトウダラの卵巣を漬けた明太子とマダラの胃袋を漬けたチャンジャを合わせました♪
同じ鱈のおかげか非常に良く合います。
こく深い味の明太子をキムチにし、コリコリとした食感で人気のチャンジャを合わせた物が高いレベルでマッチしています。
独特の旨みがやみつきになる味です!!

明太子は福岡の明太子メーカー「ふくや」の創業者である故・川原俊夫氏が、韓国の「たらこのキムチ漬」をヒントに、改良に改良を重ねて完成させたものです。
結構有名な話しなのでご存知の方も多いと思います。→ 明太子のふくやHP
韓国の味を日本で、日本人好みの味に馴染ませ、定着させたという点ではキムチに似てますね(^^♪
だから明太子をキムチにすると自然と美味しくなります♪

明太子チャンジャの美味しさの秘密

味付けは、明太子とチャンジャを混ぜ合わせる際、自家製ヤンニョンジャンをたっぷり使います。
当社の自家製ヤンニョンジャンは、風味豊かなこだわりの唐辛子に、にんにく、生姜と合わせだしをブレンドして作っています。
唐辛子ベースなのでピリリと辛いですが、日本人の口に合う調味料です(^^♪

明太子とチャンジャが苦手な方に共通しているのは独特の生臭さ。
もとは魚の内臓ですから・・(;^_^A
当社は臭みの少ない原料を厳選して使用するのはもちろん、ヤンニョンジャンで調味することにより生臭みを軽減して風味に変えています。

明太子チャンジャのおすすめの食べ方

パンチのある先味とコク深い後味で、ご飯に良く合います♪
臭みが風味に変わっていて、くせになる味です!!

酒のつまみにもいけますが、個人的に好きなのは白ご飯のお供です。
美味し過ぎて、この時はぺろりとご飯を食べちゃいました(*^-^*)
この明太子チャンジャは編集長も大好物でして、途中で止めないとずっと食べてます(笑)

気になる方はこちらで購入できます → 明太子チャンジャ(高麗食品公式販売ページ)

  • コメント ( 4 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. 駐在おやじ

    同じ魚だから よく合う wwww
    そういえば 同じ魚ですね~~~~~

    どうも 今でも 明太子は別の魚の卵の気がしてます wwww
    これは 良いですね ^^

    ご飯にも 冷ややっこにも 合うものはたくさんありそうです。

    間違いなく ビールには ^^

      駐在おやじ

  2. utokyo318

    魚卵系が苦手なのであまり食べないですが、お好きな方にはたまらないでしょうね
    くさみを抑えていらっしゃるということで、食べやすくて好評だと思います。

  3. 高麗食品

    駐在おやじさん
    コメントありがとうございます!!
    同じ種類の魚の内臓ですから合わない訳がない(笑)

    ビールがすすみますよ~(^^♪

  4. 高麗食品

    utokyo318さん
    コメントありがとうございます!!
    魚卵苦手でしたか~(;^_^A
    昔は僕も何が美味しいのか分かりませんでしたが、美味しいやつを食べて変わりました(*^-^*)

関連記事一覧