白菜キムチが苦くなる原因

工場長日記

久しぶりの更新になりました。

別に、オリンピックに没頭していた訳でなく
(今回の団体競技はめちゃ面白い!)

僕の愛する阪神タイガースの弱さに悲しんでいた訳でもなく
(毎回、同じ負け方なのでウンザリしてます

色んなことで忙しくて書く時間がありませんでした

だいぶ落ち着いたので、忙しかった原因も

ネタにしてまた色々書いていきます!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

最近、検索キーワードで

「からし菜臭現象」や「白菜キムチ 薬品臭」で当ブログを

訪れるかたが増えてます。

ご存知の方もおられると思いますが

上に書いたような事象の原因は、

白菜に含まれる天然成分「イソチオシアネート」です。

この「イソチオシアネート」、どんな成分かといいますと・・・

白菜に含まれる天然の辛味成分なのですが

白菜を塩漬けにした際、発生する酵素の作用で

ジメチルサルファイドという揮発成分に分解されます。

この揮発成分は塩素臭に似た臭いを発し「からし菜臭現象」と

よばれており、研究報告でも明らかにされております。

また、この成分が増える要因としては、

生育している白菜の土壌中に含まれている成分である窒素肥料(硝酸帯窒素)を

干ばつ後の降雨時に急激に吸収すること

などが考えられます。

最近、当社では「農薬の臭いがする」というお客様からのお申し出は

ありませんが、キーワードで検索されているということは

僕の気づかないところで、発生してるのかもしれません。
(他社製品も含めて)

特に、わざわざ問い合わせの電話をするのは嫌やけど

気になるからネットで情報を集めたいという人は

もの凄く多いと思いますので、書かせていただきました。
(僕も奥さんもそうですし

もしかしたら、皆さんもこういう事象に合うかも

知れないですが、その時は「キムチに農薬入ってる~!」などと慌てず

製造元や購入されたところに確認してください。

真面目で大変面白くない話を

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧