大阪でキムチ屋始めて50年

祖母の作った味をベースに親子3代に渡り手造りの美味しさを追求し培ってきました

  • HOME
  • 高麗食品について

韓国生まれの祖母が大阪市生野区で台車にキムチを載せ行商を始めたのが1970年。
幼い頃から本場のキムチの味に慣れ親しんだ祖母が作るキムチの味は好評で、数年後には大阪市生野区で店舗を構える事ができました。
その味付けを、娘である母に伝え、その後、母も1976年にキムチ専門店を大阪市生野区に開業しました。日本で一番多くの在日韓国人が住んでいた地域として知られる大阪市生野区は、他府県からもキムチを買い求めに来るお客様もおられ、鶴橋駅周辺や桃谷のコリアンタウンを中心に50件以上のキムチ専門店がある日本でも有数のキムチ激戦区となっております。

現在は三兄弟で、長男が社長、二男が専務、三男が工場長として、家業のキムチ屋を引き継いで頑張っております。
キムチが現在のように人気になるずっと前から、地道な商売に精を出し、昔ながらの味を守る一方で、日本人の味覚に受け入れられる「あっさりした辛さの中に、旨さがある」味を模索しながら、風味の良い上質な唐辛子と出汁の旨みを組み合わせることでキムチの辛みを食べやすくまろやかにし、当初は地域に住む在日韓国人にしか売れなかったキムチが、徐々に遠方から買いに来るようなお客様も現れ、味にうるさい大阪で不動の人気を築き上げてきました。当初、小売り店舗での販売しかしていなかったキムチも、徐々に販路を広げ、現在では量販店様でも取り扱っていただいております。特に「黄さんの手造りキムチシリーズ」は、関西圏のほぼ全ての大手量販店様で採用していただいており、月間販売個数約40万パック売れるヒット商品となり、常に大手メーカーの作るキムチと上位を争っています。

私たち高麗食品は、より多くの食卓で「美味しいキムチ」が食卓を彩り、より多くの皆さまの食事の時間が楽しく、豊かになる事を目指しています。
当店の目標は「美味しいキムチ」を多くのお客様に召し上がって頂き「美味しい!!」と喜んでいただく事で、私達の仕事への喜びとなります。

・黄さんのキムチの秘密
・会社概要
・店舗紹介