長野出張

工場長日記

久しぶりの更新になりました。

理由は編集長が最近サボリ気味で・・・

先日、長野県へ

白菜の生育状況を確認しに行ってきました。

大阪から新幹線を乗り継いで約5時間かけて

長野県佐久市の佐久平駅へ。

そこから小海、南牧地方の圃場まで車で1時間という

韓国よりも行くのに時間がかかる出張でしたが、

「美味しいキムチ作り」のためやと思い、頑張って行ってきました

僕が行った小海、南牧地方は標高1300mを超えた場所で

暑さに弱い白菜を作るには最適な場所です。

また、長野県は県全体が高原野菜作りに

積極的に力をいれていて

他の県では導入できないような高価な機械が

導入されていたり
(去年、紹介したバキューム装置は○億円

新しい品種の導入や圃場管理を徹底することにより

暑い夏でも良質な白菜を提供してくださいます。

今年の作付は例年より少なめですが出来は良く

6月後半には皆さんの食卓へ

お届けできると思います。

本来ならば画像付きで紹介するところなんですが

カメラを忘れるという痛恨のミスをしてしまったため

今回は画像なしです。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

会社概要